アンケート調査をしてみました

【早めに知っておきたい!】任意整理をするメリット

債務整理の方法のひとつに、「任意整理」というものがあります。

任意整理は自己破産や個人再生に比べて行いやすく、周囲にバレにくい方法です。
過払い金が発生していた場合は借金を減額できるため、返済の負担も軽くなります。

しかし、任意整理を考えている人の中には本当にメリットがあるのか、
どうやって行えばいいのかといった疑問を持つ方もいると思います。

そこで、こちらでは過去に任意整理をした人がどのような理由で行ったのかを紹介します。

任意整理をするか迷っている方はぜひ、参考にしてみてください。

任意整理の無料相談サービスはこちら

借金の任意整理を決めた理由はなんですか?

アンケート調査の結果

  • 1位:利息のカットで借金を減らすため・・・33%
  • 2位:返済計画を見直すため・・・24%
  • 3位:過払い金を防ぐため・・・20%
  • 4位:任意整理は近親者に知られずに借金の返済を楽にできるため・・・10%
  • 5位:手続きなどを弁護士や司法書士に依頼するため・・・7%
  • 6位:その他・・・3%
  • 7位:裁判所を介したくなかったため・・・3%

1位:利息のカットで借金を減らすため

  • 多重債務に陥っており、利息の返済だけで返済金の半分以上を占めていて、
    いつになっても減らないため弁護士に相談して、任意整理をしました。(45歳・千葉県・男性)
  • 利息が多くて借金が一向に減らないので、任意整理に踏み切りました。(53歳・福岡県・男性)
  • 金利の負担が重くて返済がままならなかったので、任意整理をしたところかなり楽になりました。(33歳・北海道・男性)
  • 消費者金融の返済が辛かったので、弁護士事務所に任意整理を依頼しました。
    そのおかげで、過払い金が発生していることも分かり、返済額を減らすことができました。(34歳・茨城県・男性)
  • もうこれ以上返済を継続することができず、任意整理で利息をカットしてもらいました。(43歳・大阪府・女性)

任意整理をした理由でもっとも多かったのは、利息をカットしたかったという意見でした。

高額な借入の場合、利息だけでも大きな負担になります。
中には、毎月の返済額のほとんどを利息が占めているという人もいます。

任意整理をすることで、返済の負担を軽減することが可能です。

2位:返済計画を見直すため

  • 返済の目処が立たなくなって、このままだと行き詰ってしまうと思い、弁護士に相談しました。
    そして、任意整理の手続きをして、払える金額にまで整理してもらいました。(36歳・北海道・女性)
  • 借金の返済がなかなか進まないので、その完済に向けての計画を練ってもらい弁護士事務所に行きました。
    そして、任意整理をお願いした所、毎月の返済額をかなり減らすことができました。(38歳・石川県・男性)
  • 自分一人の力で完済するのは不可能と感じたので、専門の人に相談して一緒に頑張りたいと思いました。(35歳・茨城県・女性)

次に多かったのは、返済計画を見直すためという理由でした。

なかなか借金の残高が減らず、自分だけで返済を続けるのが難しくなるケースもあります。
そのような場合でも、弁護士に相談すれば、無理のない返済プランを一緒に考えてもらえます。

3位:過払い金を防ぐため

  • 友人が過払い金が発生しているのでは?とアドバイスしてくれたので、任意整理を依頼しました。(38歳・秋田県・男性)
  • ちょうどグレーゾーン金利の時期に借りていたので、任意整理に踏み切りました。(49歳・北海道・男性)
  • 過払い金が発生してそうで心配になり、弁護士に相談して任意整理の手続きをしました。(38歳・千葉県・女性)

3位は過払い金を防ぐためという理由でした。

2010年以前の消費者金融の多くは、グレーゾーン金利での貸付を行っていました。
この期間に借入を行っていた方は、過払い金が発生している可能性が高いので弁護士に相談した方がいいでしょう。

最後のまとめ

任意整理とは借金の取引開始時にさかのぼり、利息制限法の上限まで金利を引き下げて計算し直すことです。

任意整理後は、再計算で減額された元本のみを分割で返済します。
自己破産や民事再生のデメリットを避けながら借金を減額できるため、多くの方が行っている手続きです。

任意整理を行った理由でもっとも多かったのは、利息のカットで借金を減らすためという理由でした。

高額な借入をした方は、利息分が減るだけでも大きな負担軽減になります。
毎月の返済に困っている方は、ぜひ任意整理を検討してみてください。

2番目に多かったのは、返済計画を見直すためという理由でした。

弁護士に相談すれば、減額のための手続きだけでなく、完済までの計画も一緒に考えてもらえます。
自分だけで返済するのが難しくなったときは、弁護士に相談してみるのがベストです。

3位になったのは、過払い金を防ぐためという理由でした。

2010年以前は多くの消費者金融で、グレーゾーン金利での貸付を行っていました。

そのため、2010年より前にお金を借りた方は過払い金が発生している可能性が高く、
任意整理によって借金を減額できる場合があります。

なお、任意整理を検討している方は、まずは借金相談カフェを利用してみるといいでしょう。

任意整理を始めとした債務整理ついて無料で相談できたり、借金がどれだけ減るかが分かったり
借入状況を送信することで自分に最適な弁護士事務所も探してもらえます。

借金相談カフェ

借金相談カフェ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 完全匿名で利用できて個人情報厳守なので、誰にもバレれない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる